必要な能力はすべて与えられたはずだった。

12万人目の転生者。

この小説は完結済みの作品です。

 必要な能力はすべて与えられたはずだった。

 その男は小屋の窓べりに座り、ひとり窓の外を眺めている。既に夜は更けていて、窓からは上空の星空か、光魔法で灯された薄暗い街灯が照らす地面しか見えていないはずなのに、外を眺めているのだ。

「こんなはずではなかった。」

 そう独り言ちてはいるが、こういう台詞を吐くということは、殆どの場合なるべくしてなっているのが世の常。

 彼がこの異世界に転生する前のことを振り返ってみよう。

 この世のものとは思えないほど美しく品のある女性が男に話しかけている。

「あなたは帰宅途中にトラックに撥ねれらて亡くなりました。テンプレですね。しかも、異世界に現在の記憶を保ったまま、転生する権利を得ました。これもテンプレ通り。もちろんキャラづくりも自由です。男前でも高身長でも頭脳明晰でも思いのまま。転生先は剣と魔法の世界です。これもテンプレ、いやテンプレを超えたサービスですがあなたは記念すべき12万人目の転生者です。ですからあなたには剣や魔法、普段はひとつかふたつ程度しか与えないスキルを好きなだけ与えましょう。もし全部と希望されれば全部与えます。こちらが一覧になります。また、転生を断るのも受け入れるのも自由です。どうしますか?」

 女神様。そういう存在も異世界転生もテンプレも、世の中ではよくあることだ。

「も、もちろん転生するよ。それに、全部ちょうだい、スキル全部。あと、ものすごく男前で、えっと、身長は185センチで、頭脳はアインシュタイン並みのIQで。あ、あと力も今の100倍は欲しいかな。年齢は今と同じ18歳でいい。」

 傍から見ると、この選択もあながち間違ってはいないように見える。

「あなたが希望する通り、すべてのス……….

ここから先のお話は、以下の小説投稿サイトでご覧ください。