朝起きたらそこは地獄だった。

地獄、そこは・・・。

この小説は完結済みの作品です。

 朝起きたらそこは地獄だった。

 窓から外を見渡すと、噂で聞いていた通りの場所だ。

 日々仕事に励み、上司の覚えも良かった。家族にも愛されていたと思う。子供はまだ小さいのに、妻がひとりで育てていかなければいけのが申し訳ない。

 寝た時のことは覚えている。いつものように定時に仕事を終えて帰宅し、着替えた後は妻と他愛ない会話をしながら子供をあやした。風呂、食事、そしてまた妻と仲良く会話をする。何気ないことだが、いつもの幸せな毎日……….

ここから先のお話は、以下の小説投稿サイトでご覧ください。

ネタバレもなにも短いのであまり意味がないですが、この上司は閻魔様で、彼は元その部下の叫喚(きょうかん)地獄釜炊き担当社員です。